読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦後横浜野毛界隈 nogelog

大正生まれが野毛界隈を語る。

MPの嫌がらせ

竹さん

 おだやか派のMPがいれば、強硬派のMPもいた。占領意識の強い一部のMPは、嫌がらせをした。米兵の嫌がらせはわら笑いながらするから、アメリカ人特有の悪ふざけなのか、本気なのかわからないわけだ。あるとき、使っていない死体焼場の扉を開けたMPが、「オマワリサン、サヨナラネッ」とい 言いながら、竹さんの両手、両足をもって、ほうりこもうとした。竹さんは、ただ、「ノウ、ノウ」と言いながら手足をバタつかせて難をのがれたが、冗談か本気かわからなかった。言えることは、自分達の行動を三十分置きに司令部に報告されては、たまったものではない。イマイマしく思っていたにちがいない。ところで、米軍MPのジープは悪路に強い四輪駆動の戦闘車だから、階段の坂道でもドンドン走る。野毛山の近くに「うさぎ坂」という階段ばかりの坂道がある。MPは、その坂道をアメリカ人特有の奇声を発して高速で走る。ジープはピョン、ピョン跳ね上がる。日本警察官はうしろの座席に乗っているので、ジープが跳ねるたびに屋根に頭をぶっつけるのだ。それを三回程やられるとグロッキーになる。すると、坂の上に待っている別のジープの警察官と交替させてまたやる。竹さんもそれをやられ、ついに頭にきた。早速、上の人にお願いして米軍憲兵司令部勤務をやめて帰らせてもらい、また、都橋の竹さんに戻った。
f:id:nogelog2014:20140827131616:plain